出店にかかる費用

保証金: 物件を賃借する時に家主に支払うもの。物件の状態や地域によっても変わりますが、滋賀県では賃料の6ヶ月分というケースが多いです。
内装費: スケルトンか居抜き利用か、物件の状態によっても大きく変わりますが、スケルトンから新装するなら最低1坪あたり30万円程度必要となります。
設備費: 飲食店の場合、冷凍冷蔵庫、調理用のガスコンロ、浄水器、フライヤー、食器洗浄機と、色々と揃えるものがあります。 中古販売をしている業者を利用することで節約も可能ですが、それでも数十万円の出費は必要です。
その他: 看板、パソコン、電話、インターネット回線、メニュー、チラシ、販促物、食器なども必要になります。
加えて運転資金も必要です。

  • 料理・飲み物の仕入れ代
  • お店の宣伝費用
  • 従業員の給与や保険料
  • 毎月の家賃
このように必要な費用を積み上げていくと、当初の予想以上に多くの資金が必要だと感じるのではないでしょうか。 自己資金だけでまかなえない人も多いでしょう。

資金調達

開業資金の足りない人にとって、頼みとなるのは融資です。 しかし銀行は実績の無い新規創業者に厳しく、かと言って高金利なノンバンク系の金融機関から借りれば返済が苦しくなります。 となると現実的に利用可能な融資制度は、次の2つでしょう。

  • 日本政策金融公庫(旧 国金)の融資制度
  • 各自治体の制度融資
これらの融資申請のために必要不可欠な事業計画書の作成方法やそのポイントをはじめ、融資実行までをアドバイスいたします。