居抜き店舗が急増中

居抜き店舗とは、
閉店する店舗が使っていた設備や什器備品をそのまま残してある店舗のことです。

現在の店舗経営環境は、人件費の高騰や消費低迷などから厳しい状況であると言えます。
初期投資の回収期間を早める為、初期投資額や固定費(家賃、減価償却費など)の低減がますます重要な時代なのです。

投資回収期間の短縮

居抜き店舗を利用した開店・開業が増えている理由には、開店・開業資金をかなり節約することができるからです。 前店舗オーナーから、内外装や設備を、そっくりそのまま譲り受ければ、極端な話、明日からでもお店をオープンできます。

コストダウン効果

下記事例の場合、設備一式を300万円で購入し、店内の改装費用として100万円を掛け、総額400万円という低投資で焼肉店を開店しました。
焼肉店のコストダウン効果

「居抜きは使えるものが少ない」と言われる方がいらっしゃいます
が、電気・給排水・空調設備を利用するだけでも大きなコスト削減に繋がります!